2017年01月20日

『ミュージカル イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』感想と公演情報のご紹介♪

「痛快☆乙女ゲーム通信」特別編!

今回は『ミュージカル イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』 の公演本番を観劇させていただきました。

日時:2017年1月14日(土)〜22日(日)  全11公演
会場:あうるすぽっと(池袋)

公式サイト:http://oq.otomelive.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/OQ_otomelive


※お写真は公式さまのゲネプロのものです(撮影:吉岡晋さん)。

私が観劇させていただいたのは18日(水)の夜公演。
今回はアラン・ルイ・ゼノのマルチエンディングとなっており、この回はゼノ様のマルチエンディングでした。
イケメン王宮ゲネプロ3.jpg


(番組ゲストはアラン役の大海さんだったのにすみません・・・私のスケジュールの都合上・・・。
番組での特集バックナンバーはこちら!)
2017/1/7(土)放送第43回バックナンバー(ゲスト:大海将一郎さん久保早里奈さん
特集作品:ミュージカル イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ


ゲネプロ終了後のマルチエンディングのあるキャラクター役のキャストさまコメントと、
私の主観ではございますが、各キャラクターの感想を少しだけ。

アラン=クロフォード 役:大海 将一郎さん
アラン=クロフォード役の大海将一郎です。
ミュージカルに対する見聞はまだまだ浅いのですが、今回このミュージカル『イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』という作品に携わらせて頂けた事は大海にとって大きな経験となりました。ミュージカルには初挑戦ではありますが、初めてだからこそ学べた事や吸収したモノがあるはずです。歌でもお芝居でも楽しんで頂ける、そんな素敵なひと時をご観劇頂ける全ての方々にお届けしたいです!!一人一人個性的なイケメンキャラクターは勿論の事、王宮で繰り広げられる濃厚なラブストーリーなど、イケメン王宮ならではの世界観を存分に楽しんで頂きたいです!!そして観劇中は沢山ドキドキしてもらいたいです!!それとそれとキャスト全員が間違いなく口を揃えて唱えるであろう楽曲の素晴らしさは間違いなく必見、いや必聴だと思います!!皆様のお越しを心よりお待ちしております!!!


俺様気質な騎士団長のアラン。ゲストにお越しいただいた時の穏やかな印象とは随分違いました!
番組内でも「自分とはかけ離れた役を演じることでレベルアップしたい」とおっしゃっていた大海さん。
どんな表情が見られるのか、垣間見えるプリンセスへの優しさ、レオへの態度などにも注目です。


ルイ=ハワード 役:荒 一陽さん
ルイ=ハワード役の荒一陽です。
今回のミュージカル「イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ」は自分にとって約1年振り2回目の舞台で、名前付の役は初となります。ミュージカルということで楽曲も豊富で、自分が歌わない曲もついつい口ずさんでしまうような曲ばかりなんです!その楽曲にダンスや演出が付いたパフォーマンスは大きな見所だと思います。僕が演じる「ルイ=ハワード」は氷で出来た人形と呼ばれているのですが、その氷の人形らしさを自分なりに精一杯表現したいです。新年1発目のお仕事にお芝居!寒い冬も吹っ飛ぶぐらいドキドキさせてみせます!


余談ですが原作「イケメン王宮」で私が初めてプレイしたのはルイでした!
正統派な王子様ルックスに惹かれない女子はいないのでは?
そっけない口調の中に、優しさや戸惑いが見え隠れしていました。ルイルートも観たかった・・・。

イケメン王宮ゲネプロ4.jpg


ゼノ=ジェラルド 役:ア 俊吾さん
ゼノ=ジェラルド役のア俊吾です。
今回、人気アプリゲームのミュージカル化ということで、プレッシャーを感じると同時に、とても楽しみでもありました。約1ヶ月半みんなで稽古して来まして、楽曲数も多く、そのどれもが耳に残る名曲ばかりで、ストーリー含めすべての皆様に楽しんで頂ける作品となっております!!
沢山の人に見て頂きたいと思っております!!是非よろしくお願いします。


眼帯をつけた役に定評のあるアさん。
他国のキャラクターとして、マントを翻す一挙一動にも存在感がありました。
気を抜けないキャラクターだからこそ、彼がマルチエンディングで見せる穏やかな表情にはキュンとします。


その他のメインキャラクターも勿論大活躍でした!

ジル=クリストフ(塩口量平さん)
番組では大海さんが「ジルの色気や落ち着きは塩口さんだから出せるもの・・・」とおっしゃっていましたが、納得でした。
ジルとして、王宮(ステージ)はもちろん会場全体の空気をも盛り上げようという余裕とサービス精神にあふれていらっしゃいました。
衣装はかちっとしているようで、なんだか色っぽく感じるのはキャラクターゆえでしょうか・・・腰が細いなぁと(笑)


レオ=クロフォード(結城伽寿也さん)
攻めるなぁ・・・!という印象です。プリンセスに対しても、アランに対しても!
その一方で本心は見せず、自己犠牲の精神が強いキャラクターなので・・・レオにも幸せになってほしいなぁとつい思います。
軽快なダンスが彼らしいです。そしてメガネ!!!いや、原作通りなんですが、あれはずるいぞ・・・。


ユーリ=ノルベルト(石井涼太さん)
出てくるだけでホッと安心するキャラクター。癒しでした。
プリンセスレッスンのシーンでは合間に紅茶を入れてくれていました!体力全回復!ありがとうユーリ!
お辞儀の仕方に注目していただきたい。彼のゆるぎない忠誠心の在り処が、それだけで分かります。
私が観たのがゼノルートだからか、見せ場が多かったですね・・・最後かっこよすぎてユーリルートください・・・!ってなりました(笑)


プリンセス(久保早里奈さん)
純朴で一生懸命なプリンセス、久保さんのお人柄もあってのものかなと。
プリンセスレッスン、初めはどれも下手くそなのがすごくかわいいです!!!(笑)
後半にもプリンセスレッスンのシーンがあるので、レベルアップ具合にぜひ注目してみてください。
ゼノルートの彼女は、少し口ごもったり、おどおどしたり・・・な印象でしたが、
番組でもお話していただいたように、ルートにより少しずつセリフも性格も違うようですよ・・・!

イケメン王宮ゲネプロ2.jpg

↑↑番組でお話いただいた背中の大きなリボン!素敵でした!正装バージョンもすごく綺麗でしたので要チェックです。

アンサンブルキャスト様の人数も多く、華やかな王宮だけでなく、にぎやかな城下町の様子も表現されていたように思います。

公演は22日(日)まで!ぜひ足をお運びくださいませ。

イケメン王宮ゲネプロ1.jpg

『ミュージカル イケメン王宮◆真夜中のシンデレラ』
日時:2017年1月14日(土)〜22日(日)  全11公演
会場:あうるすぽっと(池袋)


公式サイト:http://oq.otomelive.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/OQ_otomelive

『痛快☆乙女ゲーム通信』番組へのご意見・ご感想もお待ちしています!

メールアドレス:tsu_otometsu0403@yahoo.co.jp

ツイッターアカウント:通崎千穂@痛快☆乙女ゲーム通信(ID:tsu_otometsu)
「#otometsu」「#842fm」でつぶやいてくださいませ☆

ラベル:乙女ゲーム
posted by つー at 12:26| Comment(0) | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ミュージカル「Dance with Devils〜D.C.〜」ゲネプロ取材記事♪

「痛快☆乙女ゲーム通信」特別編!

今回はミュージカル「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」のゲネプロと囲み取材に参加させていただきました。

ミュージカル「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」
BZ3V0783s.jpg
日時:2016年12月21日(水)〜27日(火)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

当日引換券好評発売中!
公式サイト:http://dwd-stage.com/ 
公式Twitter:@dwd_stage
グリモワール編纂室/デビミュ製作委員会 cグリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会

当番組では12月放送にて特集させていただきました
バックナンバーはこちら!
2016/12/3(土)放送第42回バックナンバー(ゲスト:神永圭佑さん、萩尾圭志さん
特集作品:ミュージカル「Dance with Devils〜D.C.〜」

6J6A2746s.jpg
ゲストにお越しいただいた、神永さん、萩尾さんをはじめ、
メインキャストの皆さまに囲み取材にてお話をお伺いしてまいりましたので、
ぜひご覧くださいませ!

※お写真ネタバレ注意です。今作ならではのお写真あります。


Q1:本公演に対する意気込み

Q2(当番組からの質問):他のキャスト、キャラクターには負けない!と思うご自信のキャラクターのアピールポイントは?



鉤貫レム役:神永圭佑さん
Q1:前回3月の公演で多くの方の支持を得ることができて今公演に繋がったので、プレッシャーも感じるのですが、
一部キャストが変わり、(前回の座組よりも)年齢層が若くなっているのもあるので、よりエネルギッシュな公演にできるよう頑張ります。

Q2:「笑わない」ところ。表情をあまり出してはいけないキャラクターなので・・・。
実はこの堕天使くん(安川さん)がバンバンアドリブとかしてくるんですけど、それに負けずに笑わないところには自信があります。
_MG_2907s.jpg
リンドエンディングでは、切なくなってしまうという神永さん。
誇り高きレムさま。彼が「笑う」姿は果たして見られるのか・・・ぜひレムエンディングを見届けていただきたいです。
そんなレムさまを今回も全力で見守るホランド(山田ジェームス武さん)にもほっこり。


立華リンド役:萩尾圭志さん
Q1:今回はなんといってもリンドエンディングがあるということで、気合が入っています。
新曲もあり、色々な部分を楽しんでいただけるのではないかと思うので、魅力を出せるように全力で頑張りたいと思います。

Q2:まっすぐなところ。妹のこととなると止められないところは誰にも負けません!!!
6J6A3581s.jpg
ゲネプロでは初のリンドエンディングを拝見し、思わず「お兄ちゃん、よかったね・・・」と。
リンドはリツカはもちろん、ノエル(法月康平さん)との絡みに要注目です!なんて歌唱力高いコンビだ・・・。
BZ3V3092s.jpg
もう、ノエルもね・・・初演を経ての今回なので初めから全力で・・・素晴らしかったので。


楚神ウリエ役:神里優希さん
Q1:生徒会4人の中では唯一の新キャストで緊張やプレッシャーはあるのですが、
ソロ曲を中心に、お客様を楽しませて、そして自分自身も楽しめたらと思います。

Q2:綺麗なところ(照れ笑いしつつ)。
バラを持って白い衣装を身にまとっている以上、美しさ、優雅さでは他のキャラクターには負けません!
6J6A3377s.jpg
久しぶりに生であの曲を聴いて・・・全力でアモられました(そういえば「アモーレ」は2016年流行語でしたね・・・時代を先取りしていたのか)。
もはやバラと一体化しているウリエ。囲み取材にまでバラを持って現れました。流石すぎます。


南那城メィジ役:吉岡 佑さん
Q1:今回はエンディングが2種類あり、それぞれ見方が違うと思うので、そこを楽しんでいただけたらと。
自分は前回に引き続きメィジとして、全員舎弟にするつもりでやっていきますので、よろしくお願いします!

Q2:(すごく考えながら)オラオラしているようで・・・でもなんか優雅なところもあり・・・何より「リツカのことを思う気持ち」は負けないと思います。
全員舎弟しますので、よろしくお願いします!
_MG_3768s.jpg
とにかく全媒体さまの質問に対して最後は「舎弟にしてやるよ!」で締めくくる吉岡さん(笑)
肩出しの衣装だけでもセクシーでしたが今回はまた・・・メィジはよく脱ぐなぁと。注目です。


棗坂シキ役 :安川純平さん
Q1:一部キャストが変わったことで、同じ作品でも全然空気感も変わって、稽古場からずっと楽しくやってきました。
この感じを全10公演で出しきって、全力でシキとして生きたいと思います。

Q2:僕はやっぱり「気持ち悪さ」なら誰にも負けないかなと思って、そこを大切にしたいと思っています(嬉しそう)。
6J6A3680s.jpg
自信があるところは「気持ち悪いところです。うふふふ。」ってお話されていた時のお顔が生き生きと・・・
いや、ゾクゾクしていらっしゃいました(笑)
6J6A3565s.jpg
安心安定のシキでした。


ローエン役:内藤大希さん
Q1:初演がネットで配信されたり、DVDが発売されたりと展開してきましたが、
その映像を見たお客様に、こんなに間を空けずに生の舞台を見ていただける機会はそうあるものではないと思うので、
ぜひ多くの方に生で観ていただいて、デビミュの世界に浸っていただけるよう頑張ります。

Q2:犬の鳴き声!ローエンの犬姿の時の声も全部やらせていただきました!
_MG_4859s.jpg
キャラクターソング内の遠吠えもすごいなぁと思っておりましたが、犬姿の時のお声までとは初耳でした。
本当に圧倒的な声量と歌唱力。ローエンの歌声で「デビミュ始まった!」という気持ちになれます。


囲み取材にはいらっしゃいませんでしたが、先ほど触れたノエルやホランド、
ジェキ(田中涼星さん)にも注目です。ジェキは本当にダンスがセクシーで僕(しもべ)になってしまいそう。
_MG_3136s.jpg

そして今回もダンスで表現されるリツカ。美しくも儚げです。
BZ3V3135s.jpg
キレキレのダンスに、歌のハモリまで綺麗なアンサンブルの皆さまにも目が行ってしまいます。


今回、エンディングがレム/リンドの2種類になりましたが、
ウリエ&メィジ&シキが好きな方への嬉しい追加要素、そしてローエンも含めて新衣装も披露されました!
_MG_4977s.jpg

新曲も盛り沢山で・・・勿論、初見でも十分に楽しめますが、
初演が好きだった人にも、今回もまた見てほしい!
私は特に、OP終わりのシーンのとある曲で、初演を思い出して・・・ゾクゾクしました(笑)

ぜひ劇場で生でご覧いただきたいと思います。

BZ3V0788s.jpg

ミュージカル「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」
日時:2016年12月21日(水)〜27日(火)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo


当日引換券好評発売中!
公式サイト:http://dwd-stage.com/ 
公式Twitter:@dwd_stage



そしてミュージカル「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」DVD発売が決定いたしました!

DVD2枚とCD1枚の豪華3枚組となり、
Disc1は、“Ending B―Dear My Exorcist Lindo”の模様が本編として収録。
Disc2は特典映像として、キャストさまご自身が撮影した稽古風景や、公演中のバックステージの模様、
そして劇場内で開演前・終演後に流れるキャラクターコメントなどが、大ボリュームで収録されます。

さらに、本編Discとは異なるエンディング“Ending A―Dear My Devil Rem” のダイジェスト版も収録。

また、Disc3(CD)には、前回公演から引き続いてメインテーマソングとなっている「Turn it up」が収録されます。
ファンからCD化の要望も多かった本楽曲がCD化されるのは初となります。

さらに、DVDの発売を記念して神永圭佑さん(鉤貫レム役)、萩尾圭志さん(立華リンド役)ほか
メインキャストらが参加する「アクマだったらあたりまえ!?嘘だらけのトーク&ハイタッチ会」が
2017年4月1日(日)に開催されることが決定しました。

本イベントは公演期間中、
劇場にて本DVDを全額内金にてご予約頂いた方全員が参加することの出来る特別なイベントとなります。
いよいよ上演がスタートしたミュージカル「Dance with Devils〜D.C.(ダ・カーポ)〜」。
千秋楽まで駆け抜けるキャスト&スタッフの皆様の熱量を、劇場、そしてDVDにてお楽しみくださいませ。

cグリモワール編纂室/デビミュ製作委員会 cグリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会



『痛快☆乙女ゲーム通信』番組へのご意見・ご感想もお待ちしています!

メールアドレス:tsu_otometsu0403@yahoo.co.jp

ツイッターアカウント:通崎千穂@痛快☆乙女ゲーム通信(ID:tsu_otometsu)
「#otometsu」「#842fm」でつぶやいてくださいませ☆

ラベル:乙女ゲーム
posted by つー at 03:11| Comment(0) | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

『オトメライブ 猛獣使いと王子様』初日公演感想と作品のご紹介♪

「痛快☆乙女ゲーム通信」特別編!

今回は『オトメライブ 猛獣使いと王子様』 の初日公演を観劇させていただきました。


『オトメライブ 猛獣使いと王子様』
日時:2016年12月14日(水)〜18日(日)まで全8公演
会場:新宿村LIVE

会場URL:http://www.shinjukumura-live.com/


公式サイトさま:http://beast.otomelive.com/
公式Twitterさま:https://twitter.com/beaststage

IMG_1885.jpg

動物になる呪いをかけられた隣国の王子様たちと、猛獣使いのヒロインの恋物語。
原作ゲームをPS2時代からプレイしてきた通崎ですが、まさかこの作品が2,5次元になるとは・・・!

やはり皆さま気になるのは、「動物はどのように・・・?」ということかと・・・。

が!今回のこの記事ではその点は具体的なネタバレはせずにいきたいと思います。
ぜひ劇場でご覧くださいませ。「そうきたか・・・!!!」とビックリするかと。

私の主観ではございますが、各キャラクターの感想を少しだけ。


マティアス(丹野 延一さん)
DSC_7378.jpg
ファザーン王国第1王子。ライオンに姿を変えられてしまいます。
ティアナの後ろにいるときは、だいたい彼女の肩を抱いていました・・・流石(笑)
大剣が似合う、豪快でゴージャスな長男!
背負っているものは人一倍多く、真剣な時に見せる眼差しの強さに注目です。


アルフレート(沖津 海友さん)
DSC_7341.jpg
ファザーン王国第2王子。狼に姿を変えられてしまいます。
朴念仁なようで、おいしいところを持っていく・・・ずるい!(笑)
アルフレートといえば腹筋!舞台ではその姿は見られるのか・・・?
縁の深いあのサブキャラも(声のみですが)登場します。彼の背負う過去とは?


ルシア(山下 竜輝さん)
DSC_7471.jpg
ファザーン王国第3王子。アヒルに姿を変えられてしまいます。
愛されいじられキャラ。動物姿のときによちよちしていて(アヒルなので)かわいい。
ティアナに対して、他の兄弟たちとは初めから少し違った気持ちを持っているようで・・・?
ティアナとは、飾らない等身大カップルな感じが魅力かと。


エリク(大見 拓土さん)
DSC_7813.jpg
ファザーン王国第4王子。ウサギに姿を変えられてしまいます。
カスパルというカエルのぬいぐるみを唯一の友達といって持ち歩いているかわいい末っ子。
・・・ですが、それには理由があって・・・?(原作ファンの方はご存知の通り)
ゲームだと立ち絵や声で「どっち」の状態か分かりますが、
舞台でも演者さんの声と表情が全然違うので注目です。すごかった。


ティアナ(白河 優菜さん)
DSC_6735.jpg
カトライア王国で暮らす少女。母親のような立派な猛獣使いになるために修行をしています。
とにかく出番が多く、王子たちに振り回されっぱなしですが、
年相応の女の子らしい顔、凛々しい猛獣使いとしての顔、
両方を持ち合わせている魅力的なヒロイン。歌とダンスがかわいいです・・・!


クラウス(吉岡 圭介さん)
DSC_7132.jpg
ティアナの幼馴染で、カトライア王立図書館の副館長。
まず身長が高く、そしてティアナとの身長差がすごくよいです。少しかがんで話す感じが。
妹のロッテは今回の舞台には出てきませんが、バリバリのお兄ちゃん属性を発揮しています。
ティアナのために必死な姿がいい。マティアスとの関係性にも注目です。


シルビオ(吉田 龍介さん)
DSC_7124.jpg
カトライアの薬屋で働く明るい青年。
華奢で身軽な見た目が原作そのままです。ウィッグもかわいい。
彼の登場するシーンでは、とあるSE(効果音)が流れます。すごくいい演出。
明るいキャラクターなのにどこか切なくて・・・。のびやかな歌声もとても素敵でした。


以上、メインキャラクターのご紹介でした。

アンサンブルキャストさまも沢山いらっしゃるので、リアルなカトライア王国の空気を味わえます。
アンサンブルさんの衣装もかわいいのでぜひ見ていただきたい!
のどかで温かくて、カトライアって素敵な国だなと思えました。

公演は18日(日)まで!ぜひ足をお運びくださいませ。

『オトメライブ 猛獣使いと王子様』
日時:2016年12月14日(水)〜18日(日)まで全8公演
会場:新宿村LIVE


公式サイトさま:http://beast.otomelive.com/
公式Twitterさま:https://twitter.com/beaststage

『痛快☆乙女ゲーム通信』番組へのご意見・ご感想もお待ちしています!

メールアドレス:tsu_otometsu0403@yahoo.co.jp

ツイッターアカウント:通崎千穂@痛快☆乙女ゲーム通信(ID:tsu_otometsu)
「#otometsu」「#842fm」でつぶやいてくださいませ☆

ラベル:乙女ゲーム
posted by つー at 08:00| Comment(0) | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする