2016年08月25日

舞台「DIABOLIK LOVERS〜re:requiem〜」ゲネプロレポート♪

「痛快☆乙女ゲーム通信」特別編!

舞台「DIABOLIK LOVERS〜re:requiem〜」公開ゲネプロにお邪魔しました。

全体図.jpg

当番組でも何度も特集させていただいている大人気作品の「DIABOLIK LOVERS」。
舞台化は約1年ぶりとなります。
(前回は演出のなるせゆうせいさんに当番組にゲスト出演していただきました!)

2015/8/1(土)放送第26回バックナンバー(ゲスト:なるせゆうせいさん
特集作品:舞台「DIABOLIK LOVERS」


今回は申し訳ない事に番組での特集は出来なかったものの・・・ゲネプロに取材で入らせていただきました。
今回の劇場は品川にあるクラブeX。なんと円形劇場です!
全体図3.jpg
より舞台が立体的に見えますね・・・!
私のカメラの性能と腕前が悪く(すみません本業はラジオなので御許しを)・・・ほとんど公式さまのお写真をお借りしてレポートさせていただきますが、
そんな私が撮れた数少ないワンショットはこちら。
全体図4.jpg
観る角度によって全く見え方が変わる、面白い構造となっております!

そんな劇場のことを踏まえながら、ここからは、ゲネプロ後に行われた囲み取材での逆巻六兄弟役の各キャストの皆様のコメントをご紹介させていただきたいと思います。
囲み取材.jpg

逆巻アヤト役:山崎大輝さん
初演の時にはやり残したことも正直ありましたが、今回の再演では全て出しつくそうと意気込んでいます。楽日まで突っ走っていきます。カンパニー全員、互いに思いやりながら、お客様にいい作品を届けられるように頑張っていきたいと思います。
アヤト.jpg
ふいに見せる無邪気な一面が魅力のアヤト。今回もこの作品をリードしてくれます。

逆巻カナト役:大原海輝さん
自分はカナトとは違い、あまり自分の喜怒哀楽をさらけ出す性格ではないのですが、普段から「カナトだったらどう考えるのかな」と意識しながら生活しました。初日から最後まで気を抜かずに、カナトとして生き抜きたいと思います。
カナト.jpg
瞳の病みっぷりの再現度がすごい。私、カメラ越しにですがふいに目が合ってしまってすごく・・・こわかったです(褒めてる)。

逆巻ライト役:井深克彦さん
円形の舞台でお芝居をするということは、360度見られるという意識でお芝居をしないといけないため、普段とは違う見せ方を研究したり、加えてキャラクターを崩さずに演じきったりということを稽古してきました。一公演一公演を大切にして、お客様は勿論、自分たちも楽しみながら作品を届けられたらと思います。
ライト.jpg
ライト特有の「んふ♪」という笑い方を極めていらっしゃるように感じました・・・!


逆巻シュウ役:安里勇哉さん
円形の劇場では見る角度によって見える表情が違ったり、見えなかったり・・・何度でも楽しめると思います。ぜひ様々な角度から見ていただきたいです。初日から千秋楽まで、来てくださるお客様のために、キャスト一同、カンパニー一同、頑張ります!
シュウ.jpg
気だるげなシュウですが、今作では、レイジに対して感情をあらわにするシーンが追加されたので見どころです!


逆巻レイジ役:ア俊吾さん
続投キャストが多く、カンパニーの軸が出来上がった状態で、新しい風としてカナト役の大原さんをはじめ、新キャストの皆様が加わり、その軸が太くなったかなと思います。舞台というか、新たなエンターテインメントの可能性を秘めた作品になると思いますので、ぜひ皆さんに楽しんでいただきたいです。
レイジ.jpg
同じく、追加されたシュウとのシーンでは、冷静沈着に見える彼の新しい一面に注目です。


逆巻スバル役:土井一海さん
作品ファンの皆様の応援のおかげで再演が決まり、嬉しく思います。円形劇場での芝居は初めてですが、お客様にもぜひ楽しんでいただいて、また次の機会に繋がる舞台になればいいなと思います。マチネソワレと連続して、あっという間の9公演となりますが、カンパニーでひとつになって頑張ります。
スバル.jpg
原作でもそうですが、不器用ながらに見え隠れする優しさに安心します。


非常にキャストの皆様の仲の良さが伺える囲み取材となりました。
取材にはいらっしゃらなかったメインキャストさまにつきましても六兄弟のキャストの皆様からコメントがございましたのでそちらを紹介しながら、つたないですが私の感想なぞも・・・。

ユイ役:高宗歩未さん
ユイ.jpg
今作でもドS六兄弟に振り回される大変な役どころ。場面転換も多く、今作でも貧血が心配されるほど吸血されておりました・・・。相変わらず、とあるシーンからのスイッチの切り替わりが素晴らしいです。

リヒター役:塩川渉さん
リヒター.jpg
等身が日本人のものとは思えないほどの美しさでした。スバル役の土井さんとは約7年ぶりの共演だそうです。御縁を感じますね。


コ―デリア役:加藤千尋さん
コーデリア.jpg
実は原作の大ファンだそうで・・・!六兄弟のキャストの皆様からは姉御肌といわれており、本当にカンパニーの母のようなお方のようです。なんだかほっこりしますね。しかしながら彼女が出てくるシーンはいい意味でぞくぞくします。


以上です!マチネソワレ連続してあっという間の9公演となりますが、
ぜひお見逃しのないよう、劇場に足を運んでみてくださいませ!

舞台「DIABOLIK LOVERS〜re:requiem〜」
全体図2.jpg
公演日程:2016年8月24日(水)〜28日(日)
会場:クラブeX (〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30)
◆公式サイト http://stage-dialover.com/
◆公式twitter @stage_dl

最後に、私が撮影したなかの、渾身の一枚を・・・。
カナトくんのとあるシーンです。アニメからの再現度がすごい・・・クラブeXさんで上演してくれてありがとう、とすら感じるワンシーンでした。
(ネタバレを避けたい、初見は自分の目で見たい!な方はお気をつけくださいませ。)










カナト2.jpg

すごい・・・感動しました・・・。
バルコニー部分を使った演出も多々ありますので、ぜひ注目していただきたいです!
-------------------------------------------------------

『痛快☆乙女ゲーム通信』番組へのご意見・ご感想もお待ちしています!

メールアドレス:tsu_otometsu0403@yahoo.co.jp

ツイッターアカウント:通崎千穂@痛快☆乙女ゲーム通信(ID:tsu_otometsu)
「#otometsu」「#842fm」でつぶやいてくださいませ☆
posted by つー at 08:44| Comment(0) | スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: